ポケットWiFiが繋がりにくい時の対策

10秒で劇的改善!ポケットWiFiを繋がるようにするヒント!

ポケットWiFiのイーモバイルやワイマックスは日本全国のエリアをカバーしています。しかし完璧ではありません。「どこでも必ず繋がる」なんてのは嘘です。電話回線だって繋がりにくい場所がありますよね。ポケットWiFiも同じです。

 

では繋がりにくい時にはどうすればいいのでしょうか?実はすごく簡単な方法で改善できます。これを知っていると知らないとではポケットWiFiの使い勝手が大きく異なるので是非覚えておいてください。

 

未対応の場所もあります

まず、絶対に繋がらない場所があることを知っておいてください。例えば、地下鉄の途中。都内なら一部の地下鉄で電波が入るように対策していますが、まだ多くの地域では駅以外で繋がりにくくなります。

 

でも電話回線が届かないような山奥でもポケットWiFiの電波だけは繋がることもあります。いずれにしても基本的に人が住んだり働いているような地域では繋がりますから安心してください。

 

建物の奥は繋がりにくい

電話回線とポケットWiFiの電波は周波数が異なります。電話回線は建物の壁を貫通して繋がりますが、ポケットWiFiは貫通せずに反射しながら端末まで届きます。実はここがポケットWiFiの一番の弱点です。

 

私の経験では喫茶店の奥の方の席はぎりぎり繋がりにくくなることがあります。外から電波が反射してくるので、店の奥の方に届きにくいわけです。でも私はたったの10秒でこの現象を改善しました。

 

ちょっと移動するだけですべて解決!

その方法とは席の移動です。喫茶店全体が繋がらないなんてことはまずありません。私の場合は、奥の1席だけが駄目でした。隣の席に座るだけでサクサク快適に繋がるようになったのです。

 

だから「繋がりにくいな」とか「電波が弱いな」と感じたら、繋がりやすい場所を探しましょう。必ず近くにあります。たったの1メートル移動するだけで、電波ゲージが1本から3本に変化するからです。

 

ポケットWiFi徹底比較はこちら